スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2/7 2012
 帰国して約2週間。ひたすらボルダリングジムに通っている。


毎日3時間ぐらい登ると手が痛くなってしまいホールドを持とうとしても手がすぐにはがれてしまう。


いつも登り終わった後は手がボロボロで早くもタコができ始めてきた。


旅で出会ったクライマーの手は皆大きくて力強かった。自分の手も少しづつ強い手に近づいていっているのかと思うとボロボロになった手を見て毎回嬉しく思う。


今はクライミングのことが頭から離れず起きてから寝るまでクライミングのことを考えてしまう。春になって暖かくなれば山にも登れる。とても楽しみだ


この前雪が降った日の二日後金華山に登りに行った。雪をかぶった金華山は初めてだったので新鮮で今ままで登ったことのあった金華山とはかなり違う印象だった。静かで、とても優しい。


山頂に立った時に体をスーッと突き抜けるような気持ちよさは街では味わえないものだと思うし、クライミングで岩のトップに立った時の達成感や途中の燃え滾る闘争心みたいなものは結構久しぶりの感覚だ。



旅をしていなかったらクライミングには出会わなかったか、出会ったとしてももっともっと遅かったと思う。



「旅は人生の道しるべ」とゆう意味の言葉をもった指輪を彼女のお姉ちゃんに出発前にもらい、友達がくれた方位磁針にぶら下げていつも身につけていた。その指輪の文字通り旅は僕が没頭できるものを与えてくれたし進みたいと思う方向をハッキリさせてくれた。


その結果今は日本に帰るのがベストとゆう結果になったわけなので、旅を終わらせたことに対しての後悔はまったくない。



当初の目的だったアフリカまでをあのまま流れていても僕は最後にこのブログに良い旅だったとかそれなりにたくさんの事を書いたと思う。



でもクライミングを1番に置きそのために一度日本に帰ったほうが効率的なんじゃないかと思ってしまった以上あのまま無理に旅を続けていても変なモヤモヤが付きまとったと思う。



怪我をしたのも良いきっかけだったのかもしれない。



ある分野の仕事についてそこで経験を積んでいろんな人に会えば人は成長していくと思う。分野が違えば成長の仕方は同じ人間でもその分野の数や出会う人の数だけ違うと思う、僕はその中で、クライミングや登山を中心にアウトドアに育てられたい。



何が自分に関わって自分がどう変わっていくかは分からない。しかし今は登る。ただひたすら登ることを繰り返す。



日常 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://icenicetea.jugem.jp/trackback/112
<< NEW | TOP | OLD>>